ARCHITANZ Training Program

TEACHERS 講師一覧

マイケル・シャノンMichael Shannon

  • クラシックバレエ
  • パ・ド・ドゥ
スクール・オブ・アメリカンバレエ、カナダ・ナショナル・バレエスクール、ハンガリー国立バレエアカデミーにて奨学生として学ぶ。アメリカ人初のボリショイバレエアカデミー卒業生。ボリショイバレエ団、バーミンガム・ロイヤル・バレエ、ウィーン国立バレエ団、 ハンガリー国立歌劇バレエ団、 クレムリン宮殿バレエにてプリンシパルダンサーを務め、ブッシュ元大統領やクリントン元大統領、ゴルバチョフ元大統領の前でパフォーマンスをした経験がある。
2006年、グリニッジ・バレエ・アカデミーの共同創立者として学部長に就任。2008年度のユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)にて最優秀振付家賞を受賞。2008年、America’s Configuration Dance Theaterのレジデンスコレオグラファーとなり、2008年から3年連続でArtvoice Best Dance Companyを受賞。
2010年~2014年、アントワープ・ロイヤル・バレエ学校芸術監督。
現在は海外バレエスクールのサマープログラムのゲスト講師など国内外で後進の指導にあたるほか、コンクールの審査員なども努めている。

キミホ・ハルバートKimiho Hulbert

  • クラシックバレエ
  • コンテンポラリー
ベルギー生まれのイギリス人。5歳より岸辺光代のもとでバレエを始め、アントワープバレエ学校を経て、94年コロラドバレエ団に入団。97年に帰国し、その後新国立劇場バレエ団へ入団(97〜09年)。
1999よりフリーとして日本バレエ協会公演などで活躍する一方、振付家としての活動を開始。2001年自身で振付・演出を手がけ、ダンサーとしても参加する『UNIT KIMIHO』を結成。
2007年UNIT KIMIHO初の自主公演「GARDEN OF VISIONS」を開催後、オン★ステージ新聞アンケートによる新人振付家ベスト1に選出される。2010年トヨタ コレオグラフィーアワード 2010にてオーディエンス賞受賞。第47回(2015年度)舞踊批評家協会賞—新人賞受賞。
またカンパニー活動の他、日本バレエ協会、新国立劇場(オペラ、バレエ団、バレエ研修)や国内の様々なバレエ団等で作品を上演。堤幸彦監督映画「溺れる魚」の振付、劇団昴「夏の夜の夢」、Willy Decker演出 新国立劇場オペラ「軍人たち」振付、田尾下哲演出ミュージカル「Bonnie and Clyde」、「The Club」、「リゴレット」(オペラ)振付、Johnson and Johnson CM、アンジェラ・アキPV等、舞台以外でも振付活動を行い、海外では韓国、ベルギー、オランダ、マレーシアなどにも招待され作品を発表している。また、若いダンサーの育成にも力を入れ、コンテンポラリークラスやコンクールバリエーション振付を担当。現在はクラシックバレエとコンテンポラリーバレエの両方踊るダンサー&振付家として日本で活躍中。

ヴィスラフ・デュデックWieslaw Dudek

  • クラシックバレエ
ポーランド生まれ。
ウッチ・バレエスクールを卒業し、1996年に「ポーランドにおけるバレエ学校の最優秀卒業生」賞を受賞。卒業後は、ワルシャワ国立歌劇場を経てポーランド国立ウッチ歌劇場に入団しプリンシパルとして活動。その後、シュトゥットガルト・バレエに移籍。2003年にはベルリン国立バレエ団にてソリストとして入団し、2005年からはプリンシパルを務め、モーリス・ベジャール、ジョン・ノイマイヤー、ウヴェ・ショルツ、ケネス・マクミラン、ジョン・クランコなど多くの国際的振付家より高評価を得る。
ダンサーとしてはドミニカ共和国、メキシコ、カナダ、アメリカ、ブラジル、日本、韓国、中国、フランス、スペイン、ロシア、イタリア、スロベニア、オーストリア、スウェーデン、ギリシャ、ポーランドなど世界各国で活動し、特にボリショイ劇場やKバレエカンパニー、スウェーデン王立バレエ団など、名だたるバレエ団との活動も積極的に行う。
自身の活動で特に注目に値するのは、2013年にポーランド人として初めてボリショイ劇場にてジョン・クランコによる「オネギン」にて主演を務める。
現在は世界各国のコンクールなどで審査員を務める他、数多くのワークショップ等で講師としても活動し、2014年にはハンガリー国立歌劇場にてバレエマスターを務めた。
2015年より活動拠点を東京へ移し、KバレエカンパニーとKバレエスクールにて講師を務めた。また、シュトゥットガルト・バレエ、ジョン・クランコスクール、東京シティバレエよりゲスト講師として招聘されるなど、現在も国内外問わず活動。
自身が創設し監督を務める、ポーランドと日本のプロジェクト「Youth Spirit of Dance」は現在も継続的に活動し、世界的に大成功を収める。
最近では自身の様々な活動が認められ、ポーランド文化芸術大臣や、彼の故郷のオストルフ・ビエルコポルスキより多くの国際的な賞を受賞。

タチアナ・コズロバTatiana Kozlova

  • キャラクターダンス
ボリショイバレエ学校を卒業後、ボリショイバレエ団に入団。
同バレエ団にて、白鳥の湖やドン・キホーテ、眠れる森の美女等、様々なレパートリーを踊る。
現在、昭和音楽大学で臨時講師、スタジオアーキタンツ、スタジオリビーナ等で講師としてクラシックバレエやキャラクターダンスを指導している。

ロバート・テューズリーRobert Tewsley

  • クラシックバレエ
元カナダナショナルバレエ団、シュツットガルトバレ団、英国ロイヤルバレエ団、ニューヨークシティバレエ団プリンシパル。ゲストバレエマスター。

ヤニック・サンペイYannick Sempey

  • クラシックバレエ
ベルリン国立バレエ団
バレエマスター

ダニエル・オテヴレルDaniel Bretislav Otevrel

  • クラシックバレエ
チューリッヒ・バレエ団
バレエマスター

杉本亮子Ryoko Sugimoto

  • ボディコンディショニング
ボディコンディショニング、解剖学、運動生理学の指導

ジョヴァンニ・ディ・パルマGiovanni di Palma

  • クラシックバレエ
カンパニーゲスト講師
振付家

サンドラ・アセンスィSandra Asensi

  • クラシックバレエ
マドリード・コンセルヴァトワール
バレエ講師

ホ・ヨンスンYoung Soon Ho

  • クラシックバレエ
  • コンテンポラリー
カンパニーゲスト講師
振付家

酒井はなHana Ssakai

  • クラシックバレエ
バレエダンサー
2017年紫綬褒章授与

小㞍健太Kenta Kojiri

  • コンテンポラリー
ダンサー
振付家

近藤美緒Mio Kondo

  • クラシックバレエ
  • ヴァリエーション
バレエダンサー
バレエ講師

世界へ羽ばたく道を。

資料請求はこちら