ARCHITANZ Training Program

イベント

《申込受付中》プロを目指すジュニアダンサーのための 〜夏のシーズナル・ワークショップ〜 

ワークショップ

【ATP体験 シーズナル・ワークショップ 第二弾】

多くの方にご参加いただき、大好評だった春のワークショップに続き、

7月23日(土)、24日(日)夏のワークショップ🐬を開催いたします。

 

バレエ留学や、プロダンサーを目指すジュニアのための予備校プログラム『アーキタンツ・トレーニング・プログラム(ATP)』のクラスを体験してもらうことをテーマに開催している当ワークショップシリーズ。

 

今回のワークショップのテーマは、
『バレエ留学&プロを目指すジュニアのための学びの場』!

海外バレエ学校にいるような雰囲気と、プロダンサーとして活躍するうえで必要となる知識を、同時に吸収していただける内容になっております。

 

【夏のシーズナル・ワークショップのポイント】

●英語でのバレエクラス with マイケル先生 

●生演奏によるバレエクラス(ポアント&ボーイズクラスもピアノ付き!)

●本場ロシアの講師によるキャラクターダンスのレッスン

●ダンサーとしての身体との向き合い方を学ぶボディ・コンディショニング

●現代のダンサーには欠かせないコンテンポラリーダンスクラス

「ブライト・ステップ」公演出演ダンサーによるトークイベント
(バレエクラスにもダンサーが参加する予定です!)

 

▼『ブライト・ステップ』2019年リハーサルの様子

 

 

同じ夢に向かい頑張る同年代の仲間と、いつもとは違う環境でレッスンしてみませんか?

コンテンポラリーダンスのほか、パ・ド・ドゥやキャラクターダンスのクラスも初めての方でも安心してご受講いただける入門編となっております!

きっと新しい発見があると思いますよ♪

 

皆さまのご参加を心よりお待ちしております!

お申し込みはこちらから↓

■■■■■■■■■

 

▷日程・時間・内容

7月23日(土)
12:15-13:45 コンテンポラリー入門(キミホ・ハルバート)@03 studio
▲先着20名のみ限定!(別途オプション)
15:45-16:45 ボディ・コンディショニング(押本理映)@02 studio
17:00-18:30 バレエ(佐久間奈緒)@01 studio
18:30-19:00 ポアント(佐久間奈緒)/ボーイズ(マイケル・シャノン)@01 studio
19:15-21:00 パ・ド・ドゥ(マイケル・シャノン)@01 studio

 

7月24日(日)
14:30-16:30 トークイベント (ブライト・ステップ公演出演ダンサー)@03 studio
17:00-18:30 バレエ(マイケル・シャノン)@01 studio
18:45-20:30 キャラクター(タチアナ・コズロバ)@01 studio
※キャラクターシューズやキャラクタースカートをお持ちの方は、そちらをご持参ください。お持ちでない場合は、新たにご購入していただく必要はございません。男性は、ジャズシューズ をお持ちでしたらそちらをご着用ください。
 
▷会場
スタジオアーキタンツ

 

▷対象年齢
中学・高校生(12〜18歳)*2022年4月1日時点

 

▷受講料
・2日通し受講 25,000円(税込)
・先着20名限定コンテンポラリー入門 +4,000円(税込)
※コンテンポラリー入門のみのご受講はいただけません。
通し受講とセットでお申込み下さい。

 

お申し込みはこちら

オンラインでのクレジット決済となっております
※お客様の都合によるキャンセルの場合はご返金致しかねます。あらかじめご了承ください。

 

締切り:2022718日(月)

定員になり次第、受付終了となりますのでお早めにお申込み下さい。

 

■■■■■■■■■

 

▷講師

マイケル・シャノン/Michael Shannon
アメリカ人初のボリショイバレエアカデミー卒業生。ボリショイ・バレエ団、バーミンガム・ロイヤル・バレエ、ウィーン国立バレエ団、 ハンガリー国立歌劇バレエ団、 クレムリン宮殿バレエでプリンシパルダンサーとして活躍。2006年グリニッジ・バレエ・アカデミーの共同創立者として学部長に就任し、2008年ユース・アメリカ・グランプリにて振付家賞を受賞。2010年~14年アントワープ・ロイヤル・バレエ学校芸術監督。現在は講師として指導にあたる他、国内外のコンクールの審査員も務めている。

佐久間奈緒/Nao Sakuma
福岡生まれ。ロイヤル・バレエ・スクール卒業後、1995年にバーミンガム・ロイヤル・バレエ団へ入団し、2002年にプリンシパルとなる。バレエ団を代表し数々の特別な舞台で主演を務めるなど、多彩な英国バレエを代表するレパートリーの主役を踊る。正確無比のテクニックに支えられた演技力と解釈、そしてF・アシュトンを踊らせれば誰よりもチャーミングに客席を魅了する。D・ビントレー芸術監督振付の新作初演も多数。英国ロイヤル・バレエ団やスターダンサーズバレエ団(東京)、新国立劇場バレエ団などでゲスト出演している。2018年バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の日本公演、それに続く本拠地での舞台を最後に惜しまれつつ現役を引退した。2022年4月より、拠点を東京に移す。

キミホ・ハルバート/Kimiho Hulbert
アントワープ・ロイヤル・バレエ学校卒業。1994年コロラドバレエ団、1997年新国立劇場バレエ団へ入団。その後フリーとしての活動を開始し、2001年『UNIT KIMIHO』を結成。2010年トヨタ コレオグラフィーアワード 2010「オーディンス賞」など多くの振付賞を受賞。国内の様々なバレエ団等で作品を上演する他、海外では韓国、ベルギー、オランダ、マレーシアなどに招待され作品を発表。また後進の指導にも力を入れ、コンテンポラリークラスやコンクールバリエーション振付を数多く担っている。

タチアナ・コズロバ/Tatiana Kozlova
ボリショイバレエ学校を卒業後、ボリショイバレエ団に入団。
同バレエ団にて、白鳥の湖やドン・キホーテ、眠れる森の美女等、様々なレパートリーを踊る。
現在、昭和音楽大学で臨時講師、スタジオアーキタンツ、スタジオリビーナ等で講師としてクラシックバレエやキャラクターダンスを指導している。

押本理映 | Rie OSHIMOTO

3歳よりクラシックバレエを始める。中学3年間は新体操部に所属し県大会などで優勝する。2004年ロシア・ワガノワバレエ学校他に短期留学。2007年埼玉医科大学保健医療学部理学療法学科入学。2011年同大学を優等な成績で卒業、および国家免許理学療法士取得。その後東海大学付属病院で4年間勤務する。2015年ダンス医療・最新の徒手療法研修のため渡米。ニューヨーク大学Harkness Dancers InjuryやFuncPhysio Physical Therapy他で研修を積む。2017年FuncPhysio東京の支店代表として就任。ダンサーから一般人まで幅広く治療に関わる。2018、2019年国民体育大会 新体操部門の専属トレーナーとして大会帯同行う。2020年芸術家のくすり箱のプロジェクトに関わり、トレーナーとして日本のバレエ団帯同に携わる。ダンス障害を得意として、バレエ教室での講習会・出張治療・舞台帯同など踊りの経験を活かし活動中。

○主な資格 理学療法士

Institute Physical Artコース FMⅠ&Ⅱ, PNF, FMUQ, FMLQ, GAIT 修了

NPO法人芸術家のくすり箱認定Dancers’ Healthcare Trainer 修了

 

▷お問い合わせ

スタジオアーキタンツ

東京都港区芝浦1-13-10 第3東運ビル4

03-5730-2732  atp@a-tanz.com

 

下記のフォームからもお問い合わせ承っています。
http://atp.a-tanz.com/contact/

世界へ羽ばたく道を。

資料請求はこちら