ARCHITANZ Training Program

イベント

2022年度 ATP入学オーディション開催!

オーディション

スタジオアーキタンツによるジュニアダンサーのためのプロダンサー育成プログラム『ARCHITANZ Training Program(以下、ATP)』は、2022年度入学の新入生を募集いたします。

 

2021年よりATPは新カリキュラムをスタートさせました。バレエ学校への留学を目指す「ジュニアプログラム」と海外のダンスカンパニーへの入団を目指す「シニアプログラム」の2つのプログラムを設け、一人ひとりの夢を実現するためのサポートをしております。

 

この度、2022年4月入学希望者を対象としたATP入学オーディションを開催します!

 

【対象】

ジュニアプログラム:13~18歳程度(2022年4月1日時点)

シニアプログラム:17~20歳程度(2022年4月1日時点)

 

【日時】

1次審査

2022年2月26日(土)11:30-17:30

              2月27日(日)11:30-17:30

※どちらのプログラムも2日間の参加が必須となります。

内容:バレエ(ポアント)、レパートリー、コンテンポラリーダンス

特典:ヘルスケア・フィジカルチェックWS

ヘルスケア・フィジカルチェックWSでは、ダンサーに求められる怪我・体調管理に関するミニレクチャー、またエクササイズを通したセルフスクリーニングのワークショップを行います。ここでの内容は、審査内容に直接的には関連しませんが、みなさんが怪我なく健やかに踊るためのサポートの機会となっています。

 

2次審査

2022年3月5日(土)、6日(日)のいずれか午後

内容:保護者同伴の面接(1次審査通過者のみ)

 

【審査料】

¥ 20,000(税込)

※2次審査通過にあたり、別途料金は発生いたしません。

 

【会場】

スタジオアーキタンツ

 

【服装・持ち物】

<バレエクラス>

女性:無地レオタード、ピンクタイツ、バレエシューズ、ポアント(必須)

男性:Tシャツ、タイツ、ソックス(必要な方)、バレエシューズ

男女共通:白地ゼッケン1枚に黒字でお名前を記入しご持参下さい。(ローマ字、ファーストネームのみ)

<コンテンポラリー>

基本的にバレエと同じ服装でご受講いただけますが、黒タイツ、靴下も着用可能です。

動きやすい方をお選び下さい。

 

 

【お申込み方法】

①まず 「エントリーフォーム」からお申込み下さい。なお、お申込み前に募集要項(http://atp.a-tanz.com/guidance/)を必ずご一読ください。

②  入学案内ページより「応募書類」をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、その他の必要書類と一緒にスタジオアーキタンツまでご郵送、或いはメールにてご送付下さい。

>>入学案内ページはこちら

③ 応募受付期間内に審査料をお支払いください。

④ 1〜3全てが確認できましたら、アーキタンツより【エントリー完了】のメールをお送り致します。入金確認には時間がかかる場合がございます。1週間経ってもメールが届かない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ下さい。

 

※万が一キャンセルされる場合は、2021年2月12日(金)までにお知らせください。尚、お支払いただいた審査料は返金致しかねます。

 

【応募書類】

・入学願書:所定のフォームに必要事項を記入して下さい。

・推薦書:現在所属するバレエ教室の先生の署名必須。

・問診票:所定のフォームに必要事項を記入して下さい。

・学校の成績表:最新の成績表、或いは卒業証書のコピーを提出して下さい。

・写真:①顔写真1枚、②全身写真1枚(第1アラベスク、横向き、男性はア・テール、女性はポアント)

・課税(非課税)証明書:授業料減免制度をご希望の方のみ

 

【応募受付期間】

2021年12月1日(水)〜2022年2月22日(火)必着 

 

【審査結果】

1次審査結果

2022年2月28日(月)中にメールにてお知らせします

最終結果

2022年3月7日(月)中にメールにてお知らせします

 

>>募集要項(PDF版)はこちら(2021.12.25改定)

 

 

【講師・審査員】

マイケル・シャノン/Michael Shannon


アメリカ人初のボリショイバレエアカデミー卒業生。ボリショイ・バレエ団、バーミンガム・ロイヤル・バレエ、ウィーン国立バレエ団、 ハンガリー国立歌劇バレエ団、 クレムリン宮殿バレエにてプリンシパルダンサーを務め、ブッシュ元大統領やクリントン元大統領、ゴルバチョフ元大統領の前でパフォーマンスをした経験がある。2006年、グリニッジ・バレエ・アカデミーの共同創立者として学部長に就任。2008年度のユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)にてOUTSTANDING CHOREOGRAPHER AWARD(振付家賞)を受賞。2008年にはAmerica’s Configuration Dance Theaterのレジデンスコレオグラファーになり、2008年、2009年、2010年度のArtvoice Best Dance Companyを受賞。2010年~2014年、アントワープ・ロイヤル・バレエ学校芸術監督。

 

ヴィスラフ・デュデック/Wieslaw Dudek

ポーランド生まれ。ウッチ・バレエスクールを卒業し、1996年に「ポーランドにおけるバレエ学校の最優秀卒業生」賞を受賞。卒業後は、ワルシャワ国立歌劇場を経てポーランド国立ウッチ歌劇場に入団しプリンシパルとして活動。その後、シュトゥットガルト・バレエに移籍。2003年にはベルリン国立バレエ団にてソリストとして入団し、2005年からはプリンシパルを務め、モーリス・ベジャール、ジョン・ノイマイヤー、ウヴェ・ショルツ、ケネス・マクミラン、ジョン・クランコなど多くの国際的振付家より高評価を得る。ダンサーとしてはドミニカ共和国、メキシコ、カナダ、アメリカ、ブラジル、日本、韓国、中国、フランス、スペイン、ロシア、イタリア、スロベニア、オーストリア、スウェーデン、ギリシャ、ポーランドなど世界各国で活動し、特にボリショイ劇場やKバレエカンパニー、スウェーデン王立バレエ団など、名だたるバレエ団との活動も積極的に行う。自身の活動で特に注目に値するのは、2013年にポーランド人として初めてボリショイ劇場にてジョン・クランコによる「オネギン」にて主演を務める。現在は世界各国のコンクールなどで審査員を務める他、数多くのワークショップ等で講師としても活動し、2014年にはハンガリー国立歌劇場にてバレエマスターを務めた。2015年より活動拠点を東京へ移し、KバレエカンパニーとKバレエスクールにて講師を務めた。また、シュトゥットガルト・バレエ、ジョン・クランコスクール、東京シティバレエよりゲスト講師として招聘されるなど、現在も国内外問わず活動。 自身が創設し監督を務める、ポーランドと日本のプロジェクト「Youth Spirit of Dance」は現在も継続的に活動し、世界的に大成功を収める。最近では自身の様々な活動が認められ、ポーランド文化芸術大臣や、彼の故郷のオストルフ・ビエルコポルスキより多くの国際的な賞を受賞。

 

キミホ・ハルバート/Kimiho Hulbert

キミホ・ハルバート
ベルギー生まれのイギリス人。5歳より岸辺光代のもとでバレエを始め、アントワープバレエ学校 (ベルギー)を経て、94年コロラドバレエ団(アメリカ)入団。97年帰国後は、新国立劇場バレエ団入団(97〜09年)。1999よりフリーとして日本バレエ協会公演などで活躍する一方、振付家としての活動を開始。01年自身で振付・演出を手がけ、ダンサーとしても参加する『UNIT KIMIHO』結成。07年UNIT KIMIHO初の自主公演「GARDEN OF VISIONS」を開催後、オン★ステージ新聞アンケートによる新人振付家ベスト1に選出される。09年青山円形劇場にて「White Fields」。10年トヨタ コレオグラフィーアワード 2010オーディエンス賞受賞。その他「MANON」、「Beauties and Beasts」、「Le Sacre du Printemps」(春の祭典)などをこれまでに発表。第47回(2015年度)舞踊批評家協会賞—新人賞受賞。カンパニー活動の他、日本バレエ協会、新国立劇場(オペラ、バレエ団、バレエ研修)や国内の様々なバレエ団等で作品を上演。堤幸彦監督映画「溺れる魚」の振付、劇団昴「夏の夜の夢」、Willy Decker演出 新国立劇場オペラ「軍人たち」振付、田尾下哲演出ミュージカル「Bonnie and Clyde」、「The Club」、「リゴレット」(オペラ)振付、Johnson and Johnson CM、アンジェラ・アキPV等、舞台以外でも振付活動を行い、海外では韓国、ベルギー、オランダ、マレーシアなどにも招待され作品を発表している。また、若いダンサーの育成にも力を入れ、コンテンポラリークラスやコンクールバリエーション振付を担当。現在はクラシックバレエとコンテンポラリーバレエの両方踊るダンサー&振付家として日本で活躍中。

 

 

【お問い合わせ】

スタジオアーキタンツ 

電話:03-5730-2732

メール:atp@a-tanz.com

世界へ羽ばたく道を。

資料請求はこちら