ARCHITANZ Training Program

ブログ

〈申込受付中!〉パルッカ・シューレの魅力的なワークショップ

ワークショップ

ぞくぞくとお申し込みをいただいております、ドレスデン・パルッカ・シューレのワークショップ&オーディション!2020年1月11日(土)~13日(月)にここスタジオアーキタンツにて開催いたします✨

 

 

ジュニアの部(14-15歳)とシニアの部(16-18歳)ワークショップともにまだ定員に余裕がございますのでご参加に悩まれている方も、是非この機会をお見逃しなく!締め切りは1月3日(水)まで。

 

(c) Ida Zenna

ドイツで唯一の私立ダンス大学として、数多くの振付家やダンサーを輩出している、ドレスデン・パルッカ・シューレ。同校は、大学部門のみならず中等教育部門もあり、早くからダンスの英才教育が受けられます。

 

バレエ、コンテンポラリー、即興の3つを軸としたカリキュラムのもと、一人ひとりの個性を最大限に引き出すことに重点をおいた指導方針を最大の魅力とし、自主性と創造性を育みながら、それぞれの個性をもって芸術分野に貢献できるダンサーを生み出す事を目標としています。

 

▽2019年度のバレエクラス風景

今回もパルッカ ・シューレのその3つのカリキュラムを体験できる贅沢なワークショップ/オーディションをご用意しております!指導していただくのは前回同様こちらの素敵な3名の先生方です👏

 

▽左よりクリスチャン先生、カタリーナ先生、ジェイソン先生


→前回2019年1月のワークショップの様子はこちらをチェック!

 

 

パルッカ・シューレ・ワークショップ

3つの魅力

1)経験豊富な教師陣からの直接指導

ワークショップのバレエクラスは、YAGPの審査員やローザンヌ国際バレエコンクール芸術委員会のメンバーとしても活躍されるジェイソン・ビーチェイ校長が担当して下さいます。

さらにコンテンポラリークラスを担当して下さるクリスチャン・アンチアーニ先生は、今年2月に開催された第47回ローザンヌ国際バレエコンクールにてコンテンポラリーダンスの担当講師を努められました。ローザンヌでのクラスを体験できる貴重な機会となりますので是非受講をおすすめいたします!

→クリスチャン先生のローザンヌでのご指導の様子はこちらをチェック!

 

2)「即興」苦手克服!

インプロビゼーション単独のクラスも開催!パルッカ・シューレが誇る3つの軸「バレエ、コンテンポラリー、即興」、全てのクラスを日本で体験できる初めてのワークショップとなります。

様々なコンクールで多くのダンサーを見てきたジェイソン校長は、コンテンポラリーや即興の経験が著しく少ない事が日本の若いダンサーの大きな弱点であると感じておられ、海外では日常的に行っているバレエ以外のクラスを受講する機会を是非日本のダンサーにも与えてあげたいという、ジェイソン校長たっての希望でこのプログラムが決定致しました。

 

→『バレエ教師のための即興メソッド・ワークショップ』も同時開催!詳細はこちら

3)留学への第一歩

留学のことを考えるなんて、まだ早いのでは…と感じていらっしゃる方。そんな方にぜひ参加していただきたいのがこのワークショップです。バレエ学校で実際に行われているクラスを体験し、クラスの中でどの程度動けるのかを知るだけでも大きな気づきとなり、今後の目標に繋がる大事なきかっけとなるのではないでしょうか。大変貴重な機会となりますので、是非とも皆様のご参加をお待ちしております!


→パルッカ卒業生刈谷円香さんの学校生活インタビューはこちらをチェック!

 


▽お申込み・詳細▽

2020年〈ドレスデン・パルッカ・シューレ〉

オーディション&ワークショップ

世界へ羽ばたく道を。

資料請求はこちら