ARCHITANZ Training Program

ブログ

《クラスレポート》佐藤真左美先生のバレエクラス

Sr.プログラム

今回ATPのゲスト講師としてバレエクラスを担当してくださったのは、佐藤真左美先生。アーキタンツのオープンクラスでも、丁寧で親身なご指導と美しいお手本で大人気の先生のお一人です。

 

佐藤先生は、ご自身もバレエダンサーとしてご活躍された後、オーストラリアでクラシックバレエ指導教員資格を修得されたバレエの教育者としてエキスパート。先生の美しいデモンストレーションを交えながら、とても丁寧にご指導頂きました。

 

生徒のみなさんは、真左美先生の的確なコレクションから、踊るため、表現するための知識やテクニックを学べたようです。

普段とは違うゲスト講師からのアドバイスや指導を通じて、新たな発見をする機会になればと思っております。

真左美先生、ありがとうございました。

 

ーーーーー

<講師プロフィール>

佐藤真左美

Masami Sato

1992年文化庁在外研修員舞踊派遣をきっかけに研修先であった、The Australian Balletに入団。ソリストとして数々の作品で評価を得る。帰国後はスターダンサーズ・バレエ団のプリマバレリーナとして多くの作品の主役を踊る。特に英国作品(サー・ピーター・ライト作品 コッペリア、くるみ割り人形など)では高い評価を得る。2002年メルボルン大学ビクトリアカレッジ(VCA SCHOOL OF DANCE)クラシックバレエ指導教員資格修得、主席卒業。永住権獲得。メルボルン・ナショナル・シアター・バレエスクール(NTBS)勤務、2009年から2012まで校長補佐。帰国後、2014年より芦屋大學バレエコース非常勤講師、芦屋大學バレエ教師課程ディプロマコース担当講師として日本のバレエ指導者の育成にも励む。公益社団法人日本バレエ協会主催全日本バレエコンクール(アンシェヌマン振付) 都民フェスティバルでのバレエミストレスとしても実力を発揮。(2017年ラ・バヤデール、2018年ライモンダ全幕、2019年 白鳥の湖・篠原聖一版)、2017年合同バレエの夕べ東京地区作品「Ballet Blliant」、2019年合同バレエの夕べ「ビゼー組曲」振付、ビゼー組曲では振付構想、ダンサーの育成力のある作品として高い評価を得る。

世界へ羽ばたく道を。

資料請求はこちら