ARCHITANZ Training Program

ブログ

《クラスレポート》下村由理恵先生のヴァリエーションクラス

Sr.プログラム

今回ATPゲスト講師としてクラスを担当してくださったのは、下村由理恵先生です。

国内外でプリマバレリーナとしてご活躍されている下村先生は、ご指導の経験も豊富で、現在はコンクールの審査員なども務めていらっしゃいます。

 

今回はそんな下村先生に、ヴァリエーションクラスを開催して頂き、ピーター・ライト版の「コッペリア」の第3幕よりスワニルダのヴァリエーションに挑戦しました。

 

テクニックはもちろんのこと、舞台でどのように見せるのか、どのように表現すれば美しく見えるのか、など「舞台を観るお客様の視点」を意識することを学びました。

 

プリマバレリーナとして数多くの舞台で踊ってきた下村先生ならではの視点で、多くのコレクションをして頂きました。

 

下村先生、素敵なクラスをありがとうございました。

 

ーーーーー

<講師プロフィール>

下村由理恵

Yurie Shimomura

9歳より福岡の川副恵躬子バレエ学苑にてバレエを始め、1982年小林紀子バレエアカデミーに入所。翌年、同バレエシアター入団。1985年同シアターを退団後は、フリーとして活動。1990年文化庁芸術家在外派遣研修員として、イギリス、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団にて研修。その間、英国スコティッシュバレエ団に招かれ「ジゼル」「白鳥の湖」「レ・シルフィード」「ナポリ」等に主演。1992年には、同バレエ団とプリンシパル契約、1993年からはゲスト・プリンシパル・ダンサー契約し、主に英国の舞台にて活動、現地での高い評価を得て、1997年からはパーマネント・ゲスト・アーティストとなる。1999年帰国。2002年には、ニュージーランド・ロイヤルバレエ団に招かれ「白鳥の湖」全幕公演に主演。国内においては、1995・1996年東宝ミュージカル「回転木馬」(K・マクミラン振付)にルイーズ役として各地で公演。数多くの国内バレエ公演にて主役を演じ、現在、名実共に我が国を代表するバレリーナとして活躍中。2010年 第3回シビウインターナショナルコンクール(ルーマニア)審査員を務める。東京新聞主催全国舞踊コンクール(第2部)・UBオールジャパンバレエユニオン審査員。
2001年 下村由理恵バレエアンサンブル結成。

世界へ羽ばたく道を。

資料請求はこちら