ARCHITANZ Training Program

ブログ

《クラスレポート》飯島望未先生のヴァリエーションクラス

Sr.プログラム

元ヒューストン・バレエ団プリンシパル飯島望未先生をゲストに迎え、特別ヴァリエーションクラスを開催しました!

 

ジュニアでは『ドン・キホーテ』第2幕のドルシネアのヴァリエーションを、シニアでは、同じく『ドン・キホーテ』第1幕のキトリのヴァリエーションをご指導いただきました。

 

ドルシネアのヴァリエーションでは、夢の中に現れるお姫さまの役。ジュニアの皆さんは、飯島先生のデモンストレーションの元、気品あふれる、繊細な表現を学びました。

 

このヴァリエーションは、パは非常にシンプルだからこそバレエの基礎がとても重要になってきます。先生からは美しいデモンストレーションとともにバレエの基礎的な部分も丁寧にご指導いただきました。また、ちょっとした体や顔の角度や、手の運び方、足の置き方により、上品で品位のある役柄の表現ができることを教えていただきました。

 

ここで学んだことは、コンクールやオーディションでも課題曲となるような、オーロラ姫や、ライモンダ、金平糖の精などの役でも大いに応用できるのではないでしょうか。

 

一方、シニアの皆さんが挑戦したのは、第1幕のキトリのヴァリエーション。ドルシネアとは対象的で、スピード感のある情熱あふれるヴァエリーエションです。

 

1分程度の短い作品のため、その速いテンポの音楽に合わせて自分の体の軸や重心がどこにあるのか、どのように移していくかを知ることは非常に大事です。先生には実際に踊って見せていただき、コーディネーション、体のコントロールの重要性、またその難しさを学ぶことができたいい機会になったかと思います。

 

現役プリンシパルダンサーの迫力を間近に感じながらも、皆さん必死に学びとろうとする姿勢がとても印象的でした!

 

現役のプリンシパルダンサーから実際に身近で学べる機会は本当に貴重で、皆さんにも大きな刺激となったことでしょう。普段のATP講師陣の指導に加え、ゲスト講師の先生からもこの様に多くのことを吸収し、自分の夢へ向かって着実に歩んでいってほしいと思います。

 

飯島先生、とても丁寧なご指導、また美しいお手本をたくさん見せてくださり、ありがとうございました!

 

ーーーーー

<講師プロフィール>

飯島望未

Nozomi Iijima

バレエダンサー。大阪府出身。
6歳からバレエを始める。2007年15歳で単身渡米。ヒューストン・バレエ団の研修生となり、翌年プロ契約を結ぶ。
入団当時、最年少契約としてプロデビュー。
2019年3月には、ヒューストン・バレエ団のプリンシパルに昇進。
インスタグラムを通してファッショニスタとしても注目を集め、“香りの世界観”をダンスで表現した17年の「シャネル N°5 ロー」グローバルプロジェクトに始まり、18年のウォッチコレクション「コード ココ」のアンバサダー、「ルージュ アリュール」「ヴィタルミエール グロウ」のデジタルキャンペーンにも起用される。またシャネルビューティーアンバサダーに就任するなど、さらに活躍のフィールドが広がっている。

世界へ羽ばたく道を。

資料請求はこちら