ARCHITANZ Training Program

ブログ

《クラスレポート》近藤美緒先生のバレエクラス

Sr.プログラム

本日は近藤美緒先生がATPのバレエクラスを担当してくださいました!

 

近藤先生は長年アメリカを拠点として活躍され、現在もダンサーとして、また後進の指導にも従事していらっしゃいます。

 

想像力に富んだイメージをもとにアドバイスを与えてくださる先生のクラスは、形だけの美しさになってしまわない表現力をブラッシュアップしていきます。イマジネーションが自らの動きに与える変化に「気づき」もたらしてくれます!

 

バーは基礎に重点をおいてしっかりと丁寧に、センターではより踊ることを意識したクラス展開で、バレエを“踊る”ために必要なことを教えて下さいました。

 

身体の使い方からテクニック、そして”踊り”にいたるまで的確で分かりやすいアドバイスを受け、みなさんもたくさんの気づきがあったことと思います✨

 

美緒先生、素敵なクラスをありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーー

<講師プロフィール>

近藤美緒

Mio Kondo

ニューヨーク出身、13歳の時日本に移住。桐朋女子高等学校卒業後、アメリカのコロラドバレエ団に入団。入団2年目でくるみ割り人形全幕の主役を務める。その後も数多くの作品で、ソリスト、プリンシパル役を踊り、数多くの振付家の作品に出演。2008年、State Street Balletにプリンシパルとして移籍し数多くの作品の主演を務める。現在はダンサーとして活躍する他、後進の指導にも多くあたっている。2014年アーキタンツ主催公演「ARCHITANZ2014」アレッシオ・シルヴェストリン振付作品『Opus131』出演、2018年「ARCHITANZ2018」ホ・ヨンスン振付作品『ジ・エッジ・オブ・サークル』出演。

世界へ羽ばたく道を。

資料請求はこちら